financial

投資失敗しないために

1戸や2戸保有していてもうまみは少ないです

中古ワンルームマンション投資で失敗する人の多くは、1戸や2戸の中古ワンルームマンションしか保有していません。中古ワンルームマンションはそもそも保有している戸数が少ないと効率の悪い投資商品となります。失敗を回避する最良の方法は10戸以上の中古ワンルームマンションを保有することです。欲を言えば、同じマンション内で複数戸を保有していると良いです。もしも、ここまで行う資金と時間がないのであれば、中古ワンルームマンション投資そのものをしないということが失敗回避につながります。中古ワンルームマンション投資をしないからといって不動産投資をあきらめることとは違います。他の方法で不動産投資をしていけばよいのです。

上場不動産投資信託に手を付けることをお勧めします

中古ワンルームマンション投資を回避した人が始めるべき不動産投資は上場不動産投資信託へ投資をすることです。上場不動産投資信託であれば1銘柄でも多くの収益物件を保有しており、資産ボリュームによる効率性の向上及び空室リスクの低減がしっかりと図られています。多くの銘柄に分散投資をすればするほど、投資で失敗する可能性が小さくなります。上場不動産投資信託では、その運用会社がリスクを回避するために日々努力を積み重ねているため、素人が不動産会社に進められるがままに始めた中古ワンルームマンション投資よりも運用成績がはるかに良いです。今であれば、保有しているだけで、年間4%前後の分配金利回りを確保することができます。

安定したサービス

「みんなで大家さん」は、高利回りの不動産ファンドの名称です。運用実勢があり、業界内だけでなく、一般の利用者からも評判が高いことで知られています。出資者から集めたお金を使って賃貸不動産を行なう仕組みとなっています。

詳しく読む

費用について

空き地を駐車場にする。それは、土地活用のスタイルとして流行しているものですが、流行している理由は何と言っても他の土地活用よりも工事の費用がそれほど掛からないことにあります。

詳しく読む

リスクを減らす

賃貸経営を行なう際は、失敗しないように、賃貸経営を行なう上で出てくるいくつかの注意点を前もって把握しておく必要があります。投資する材料として、賃貸経営は比較的初心者向けとされていますが、それでも十分注意する必要があるのです。

詳しく読む

管理における課題

物件の管理は、賃貸経営を行なうにあたって必要最低限となるものです。最近は賃貸管理を専門としている業者も増えてきています。時間が作れない方、もしくは徹底した経営を行ないたい方には最適な業者と言ってよいでしょう。

詳しく読む

リロケの秘密

リロケーションとは、転勤や長期の出張などで留守にしている部屋及び物件を、賃貸物件にするというサービスのことをいいます。もちろん業者だけでなく、物件を提供している方にも賃料が入ってくる仕組みとなっています。

詳しく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加