医療事務作業補助に関する基礎知識!将来的に医療に携わりたい方へ

資格の勉強方法

女の人

通信講座の選び方

医師事務作業補助とはあまり聞いたことがないと言う人も多いのではないでしょうか。一般的には、医療クラークと呼ばれていますが正式な名称が医師事務作業補助という名称になります。この医師事務作業補助の仕事は、医師が行う診断書の作成などの医師の事務的な作業をサポートする仕事です。よく医療事務と間違う人もいますが、医療事務は診療報酬を計算する仕事で仕事の内容が違います。医師事務作業補助は、患者さんではなく医師とのやり取りが主な仕事になります。この資格は民間の資格になり国家資格ではありません。そのためこの資格を取得しても、正式に採用されるためには6ヶ月の研修期間が必ず必要になります。資格に合格したからすぐに就職して働けるというものではありません。最近では専門学校や通信教育でも医師事務作業補助の勉強が出来るようになっています。通信講座の場合には、一般的に5ヶ月程度のカリキュラムの所が多いようです。通信講座も多くの所が行っているので複数の通信講座を比較して料金だけではなく、サポート体制なども確認してから申し込みことが大切です。料金を意識し過ぎてしまうとサポート体制がよくない通信講座を選んでしまうことになります。通信講座の場合には、直接質問が出来ないのでメールや電話で質問出来るサポート体制が整っている所の方が分からないことがあっても聞くことが出来るので勉強がしやすく、安心して勉強をすることが出来ます。

Copyright© 2017 医療事務作業補助に関する基礎知識!将来的に医療に携わりたい方へ All Rights Reserved.