リスクを減らす

賃貸経営の注意点について

数ある投資の中でもリスクの少ないことから初めての方にも人気のある賃貸経営ですが、行うにあたり注意しなければならない点もあります。 その注意点が物件の立地です。 賃貸物件を利用する方は多くいて、一年を通して需要があるのですが、立地条件が悪い物件は同等の物件より賃料を下げたとしても入居者を確保出来ない場合もあります。 駅から遠く通勤に不便、スーパーなど買い物できる場所が近くにない、一日中陽当たりが悪い、といった立地条件の悪さを持っている物件は、どれだけ購入価格が安いからといっても安易に手を出してはいけません。 多少価格が高くても、立地の良い物件の場合は空室が出ることもほとんどないので、安定した収入を得ることが出来ます。

投資者初心者の方におすすめする理由

賃貸経営が投資を初めて行う方にとって向いているという理由はリスクの少なさ以外にもあります。 他の投資は初期費用を多く必要としますが、賃貸経営の場合は家賃収入を返済にあてることが出来るため、他の投資に比べ初期費用が少なくすみます。 そのため、高額な費用を必要とする投資に自信を持てない方でも安心して始めることが出来ます。 また、賃貸経営を始めたいのだけれど管理に自信がないという方でも、今では物件の管理を委託してくれる委託業者が多くありますので、そうした業者に任せることで投資者自身はほとんどなにをすることもなく、収入を得ることが出来ます。 賃貸経営はこうした管理を任せられるという手軽さからも人気の投資の一つとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加