リロケの秘密

皆様不動産物件をお持ちの方で、海外赴任等をするという方もいらっしゃるかと思います。そうした方々に特に便利で友好的なのがリロケーションという方法です。リロケーションとは2000年に改正された法律により、転勤者の留守宅賃貸が可能となり、その転勤者の物件を一定期間賃貸業務とする事を言います。このリロケーションを扱う業者は主に不動産業者であり、各企業毎に管理や条件の部分で大きく異なりがあります。ですので、工夫する事で得られるメリットとしては、一度インターネット上で検索を行い、比較サイト、口コミサイト等がありますので、どういた企業があるのか、またメリット、デメリットを把握する事で、あくまで一定期間の賃貸ですので、抑えておきたいポイント言えるでしょう。

リロケーションというのは前述した様に新しいサービスです。ですので、不動産業者自体にも安定したバイブル、ノウハウを確立し、顧客にサービスを提供するというのが今後も重要な課題となってくるでしょう。実際に、物件と言うのは一定期間の賃貸であり、海外等から戻ってきた際における物件の価値が利用者には不安点となるでしょう。そうしたデメリット等もよく踏まえた上で、利用者としては、一定期間賃貸のオーナーとしての利益が得られるという点が大きなメリットと言えます。また、最近の傾向として、駐車場の部分貸しや、カーシェアリング、オフィスシェアリング等他の業態でもこうしたアウトソーシング化が見られますので、現在の取り組みとしてはトレンドに即しているといえるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加